納豆の嫌いを克服する食べ方|効果的なアプローチをご紹介

食べ物の豆知識

納豆の独特な香りや粘りに抵抗を感じる人は多いですが、食生活に取り入れたいと考える人もいます。特に自身や子供たちのにとって、納豆への苦手意識を克服することは重要です。

納豆が苦手でも、食べやすくするためのちょっとした工夫を試してみましょう。

この記事では、かつて納豆が苦手だった筆者が、どのようにして苦手意識を克服し、納豆を楽しむようになったのか、そのコツをご紹介します。

納豆を美味しく食べるためのアイデア

私も昔は納豆が苦手でしたが、成長するにつれてその抵抗感は強まる一方でした。

初めは何とか食べられても、食べ進めるにつれて納豆特有の香りやネバネバ感が苦痛に変わっていきました。さらに、ほのかな苦みも…

納豆を食べる際の不快感が、納豆を敬遠する大きな理由となりました。

しかし、時には急に納豆を食べたくなることもありました。

食べたいと思っても、食べた後に後悔することが多かったです。

納豆を好きになろうと思ったきっかけは、肌の健康でした。納豆を食べると肌の調子が良くなることを体験し、納豆を克服する決意を固め、いくつかの方法を試してみることにしました。その方法をこれからお話しします。

納豆をおいしく食べるためのポイント

納豆が苦手な方は、まず食べやすい種類の納豆を選ぶことから始めてみましょう。

私がおすすめする納豆の特徴は以下のようなものです。

  • 小さな粒
  • 量が少ないカップ入り、または家族と分けて食べられる

実は、納豆が苦手だった当時、私は普通の3パックセットの納豆を食べていました。

一般的な納豆は1パックあたり約50gです。食べているうちに「もう嫌だ」と感じることが多かったのです。

そこで、量が少ないカップ入りの納豆に変えてみたところ、不快感を感じることなく食べられるようになりました。「ミニ納豆」なら約20gで、通常の半分以下の量です。

また、納豆の豆のサイズにも違いがあります。苦手な方には、大粒よりも小粒や極小粒がおすすめです。

私の場合、納豆を好きになるための第一歩は、豆のサイズと量を調整することでした。少量から始めることがポイントです。

納豆が苦手でも楽しめる食べ方の提案

納豆特有の香り、味、粘り気は、人によって受け入れられないこともあります。それでも、様々なトッピングやアレンジを加えることで納豆を楽しむことができます。ここではいくつかのアイデアをご紹介します。

卵黄とねぎ、醤油の組み合わせ

筆者自身と外国人の友人が納豆を好きになった方法は、意外にもシンプルなものでした。それは、卵黄と大量のねぎ、さらに少しの醤油を使ったものです。20gの小さなカップに入った納豆に温泉卵の黄身、大量のねぎ、付属のからしとタレ、さらに少量の醤油を加えることで、納豆の苦手意識を克服しました。

特にねぎの量が重要で、納豆の香りを抑え、卵黄のなめらかさが粘り気を和らげてくれます。以前は50gの納豆で挫折していましたが、20gの少量なら問題ありませんでした。

大根おろしを加えて

ご飯に混ぜた納豆に大根おろしを加えると、粘り気が減り食べやすくなります。大根おろしの量はお好みで調整してください。ただし、多く入れる場合は水分をしっかり絞ることがポイントです。さらに、小ネギや刻んだ大葉などを加えると、味わいが増し、より美味しくなります。

カレーで味変

カレーに納豆を加えることで、納豆の独特な味や香りが薄まります。ただ、少し粘り気は残りますのでご注意を。カレーにはタレを混ぜていない納豆を使うと良いです。最初は納豆を少量から加えて、徐々に量を増やしてみてください。

納豆巻きの魅力

私自身、納豆とご飯の組み合わせは苦手ですが、納豆巻きには特別な愛着があります。これは、酢飯の甘みと海苔が納豆と良く合うからだと思います。

ただし、酢飯に納豆と刻み海苔を単に乗せただけでは満足できなかった経験から、納豆巻きは、これらの要素が適切に組み合わさり、しっかり巻かれていることが重要だと感じています。

避けるべき納豆の食べ方

これまで納豆を苦手な方にも楽しんでいただける食べ方をご紹介してきましたが、反対に避けたほうがいい方法も存在します。これは私個人の考えですが、納豆を加熱するような料理法は避けたほうが良いかもしれません。

例えば、納豆を使ったチャーハン、トースト、オムレツなどがありますが、納豆を加熱すると、独特の強い香りが際立ちます。粘りは減るものの、味に苦味が出ることがあります。

私自身、他人の勧めで納豆トーストを試した時、大変後悔しました。加熱によって納豆を苦手とする原因が増すこともあるため、納豆の加熱調理は納豆愛好家にお任せするのが無難かもしれません。

最後に

納豆は昔から健康に良いと言われているので、食べられるようになると有益ですね。納豆は扱いが難しい食材ですが、様々な試みをして、自分に合う食べ方を見つけることをお勧めします。

自分に合った納豆の克服法が見つかるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました